スレッド一覧

  1. 発達障害、性格(168)
  2. 精神的に正常?性格、人生論など(57)
  3. アダルトチルドレン 依存症(27)
  4. 薬の副作用、依存、離脱(38)
  5. 病名を教えて下さい(32)
  6. 精神福祉制度  病院の検索、対応など(30)
  7. うつ病、適応障害(27)
  8. 強迫観念、こだわり、恐怖症(21)
  9. 境界型人格障害(17)
  10. 過呼吸 身体症状(16)
  11. 統合失調症、躁うつ病(15)
  12. 認知症 末期癌 介護(14)
  13. 知的障害 、IQ 、知能検査(14)
  14. 解離  記憶が抜ける(9)
  15. PTSD 悲嘆反応 トラウマ (9)
  16. 体感幻覚 セネストパチー(7)
  17. 不登校  引きこもり(7)
  18. 月経前気分不快障害(6)
  19. パニック障害(5)
  20. 摂食障害(5)
スレッド一覧(全20)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/273 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

医療と社会学

 投稿者:xxx  投稿日:2019年10月 8日(火)21時59分7秒 M106073147000.v4.enabler.ne.jp
  通報
  私は、つい最近この記事を読みました。
生活保護が嫌いな医療従事者達へという内容のものです。

果たして医療社会学はどこまで考えられてしまうのでしょうか?
医療社会学が度を過ぎれば、「常識」破りに繋がってしまうんでしょうか?

--------------------------------------------------------------------
看護学部で生活保護について教わる機会はありませんでしたし、医学部のシラバスに「社会学」もしくは「社会保障」といった授業が記載されている大学出身の医師10名程(千葉大学、筑波大学、自治医科大学、順天堂大学、大阪大学他)に訊いても、いずれも「多少は習ったかもしれないけどあまり覚えていない」とのことでした。
----------------------------------------------------------------------
私は何年か前に、生活保護の、白血病の患者を看取りました。元々自営業で、経営が上手くいかずに生活保護を受給し始めた経緯を持つ人でした。ナースコールがとても多く、看護師と、「めまいがするんだ」「貧血だからね」、「腰が痛い」「針刺した(マルク)後だからね」、「なんでこんなに熱出てるの?」「今検査してるでしょ」と、同じやり取りを何度でも繰り返す、看護師としてはわかりやすく「手のかかる」患者でした。数分おきのナースコールに私は疲れ果てていて、正直「これだから生活保護は」と思っていました。

ナースステーションの横の面談室で彼は、白血病が進行して手の施しようがないという説明をひとりで受けていました。

そして病室に戻った彼の最初の一言は「俺、何かそんなに悪いことしたのかな」でした。

私は二の句が継げませんでした。彼が病気を何かの罰だと考えていたことに、ではありません。心のどこかで、「生活保護受けて暮らしてたのに今更」と思っていた自分に気付いたからです。

https://note.mu/eri010k/n/n68d08821f978

 
    (Dr) こんにちは、投稿ありがとうございます
またまた難しい話ですね。

医療従事者も神ではなく人間なのですから
時に偏見を持ったり、患者さんに負の感情を
抱いても良いと思いますよ。

生活保護者に負の感情を抱いてしまうのは、不正受給をしていたり
働けるのに仕事を探さない人がいるからです。
貰うのが当然であると思っている人も
少なくないのはないでしょうか?


ただ病気や家庭の事情で本当に働けない人や、
必死に仕事を探している人もおりますので、
このシステムを無くすわけにはいかないですよね。

国から貰うお金と、自分で稼いだお金の価値の違いに
気が付くかどうか・・・

私は気が付けない人は不幸だと思います。



福祉や医療とお金の問題は非常に難しいです。

私は患者さんの年齢や家族構成、生活レベルなどを考慮して
医師の判断で治療を選んで良いと考えています。
その記事のように高齢者に開胸手術や人工呼吸器をつけたりするのは
治療の選択を間違っていると思いますよ。

医療費を使い込んだのは生活保護の患者さんではなく、
担当した医師ですよね。

生活保護者は医療費が全て国負担で絶対に不払いはありませんから、
何をしても大丈夫、要は金づると考える医師も少なくありません。
医師一人一人が患者のバックグランドや
医療費のことも考えて治療を選択できると良いですね。

参考になるか解りませんが読んでみてください
http://niwaiin.com/C5_13.htm#10


 
》記事一覧表示

新着順:3/273 《前のページ | 次のページ》
/273