スレッド一覧

  1. 発達障害、性格(168)
  2. 精神的に正常?性格、人生論など(58)
  3. アダルトチルドレン 依存症(29)
  4. 薬の副作用、依存、離脱(38)
  5. 病名を教えて下さい(32)
  6. 精神福祉制度  病院の検索、対応など(30)
  7. うつ病、適応障害(27)
  8. 強迫観念、こだわり、恐怖症(21)
  9. 境界型人格障害(17)
  10. 過呼吸 身体症状(16)
  11. 統合失調症、躁うつ病(15)
  12. 認知症 末期癌 介護(14)
  13. 知的障害 、IQ 、知能検査(14)
  14. 解離  記憶が抜ける(9)
  15. PTSD 悲嘆反応 トラウマ (9)
  16. 体感幻覚 セネストパチー(7)
  17. 不登校  引きこもり(7)
  18. 月経前気分不快障害(6)
  19. パニック障害(5)
  20. 摂食障害(5)
スレッド一覧(全20)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/344 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カウンセリングについて

 投稿者:患者No.11054  投稿日:2020年 7月23日(木)19時31分53秒 i58-89-56-205.s41.a012.ap.plala.or.jp
  通報
  いつも診察では、ありがとうございます。
たびたびですがカウンセリングについて相談を失礼します。

カウンセリングでは
心理士さんのお話の意味や意図がよく理解できず、
怒られた、軽蔑された、見捨てられた、怒り、悔しさ、自己嫌悪…
そんな感情ばかり持ち帰ってしまっています。
(竹川先生はシンプルに伝えてくださるおかげか、なんとか理解できるのですが…)

今朝も悪夢で目が覚めましたが
(母に向かって「オレなんて生きてる価値ないんだろ!」と叫び、それを母に笑い飛ばされる夢)
心理士さんにこういう訴えをしても「また、かまってちゃんが始まった…」としか
受け取ってもらえないんだろうなと思います。

ここのところ毎日のように
以前のカウンセリングを思い出しては不安定になっています。

以前グリーフワーク(のような形)で
私が「きっと母も発達障害を持ちながら苦しんでいたんだろう」と
同情する発言をした際、心理士さんは笑顔で
「肯定できることが見つかってよかったですね」と言いました。
でも私は母に同情しただけで肯定なんてしていません。
したら、母が正しくて私が間違いだということになりますよね。
そんな残酷なことを心理士さんは笑顔で言った挙句
「もっと良いことを見つけましょう」と言いました。
グリーフワークは親を捨てる作業ではなかったのですか?
親を立てて惨めな気持ちに浸るのがグリーフワークなのでしょうか?

また、別の日に「病院はつらい時に来る場所ではないんですか?」と聞いたら
「ここ(心理室)は病院じゃないので…」と心理士さんに言われました。
では、つらい時は誰に頼ったら良いのでしょうか?
これまで5件の心療内科で診てもらいましたが、ドクターって相談は聞いてくれないじゃないですか。
心の相談は心理士さんに丸投げですよね?
(竹川先生だけは長く時間を割いてくださるので、ありがたく思っています。)
プロの心理士さんなら当然そういった事情はご存じだと思いますが、
その上で上述のような発言をするなら、それは
「お前のような面倒な患者を助ける奴なんてどこにもいない。まあ薬で頑張って」
ということですよね?

発達障害やACは薬では治らないのではなかったでしょうか?
「カウンセリングでは日常的な悩みも聞く方針」だと前回掲示板で伺いましたが
なぜ心理士さんはそれを放棄するのでしょうか?

心理士さんの冷たい目や怒りを抑えた口調を思い出すと苦しいです。
心理士さんは敵だとしか思えません。

なぜ私は見放されたのでしょうか?
私が甘えすぎでしたか?
全部私が悪いんでしょうか?
 
    (Dr) こんにちは、いつも受診ありがとうございます。
何か不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

グリーフワークというのは、
親を捨てることも大事なのですが、
子供心に溜まっている負の感情を吐き出すことの方が重要です。

怒り、悲しみ、理不尽な思い、吐き出せなかった感情を出すことが目的で、
事実確認や犯人探し、親に謝罪させるようなことは一切不要です。

そのような感情を吐き出すことが出来たら、
逆境の中で頑張った自分を褒めること、称えること、
「よく頑張ったね」と子供の自分を抱きしめること、、、、
そこから自己肯定感を強化することが出来れば良いと思います。


過去の思い出したくない話をする訳ですから、
当然カウンセリング前後は不安定になります。
というか不安定になってもらわないと効果ありません。

悪夢やフラッシュバックも頻回になると思いますが、
自分と向き合うための、必要な作業ですので、
ゆっくり行えれば良いと思います。

疲れたらペースを落とす、中断するのも有効です。
仕事に支障が出るようであれば、安定剤も上手く使ってください。



感情を出すという意味での、
当院の心理士の対応が間違っていたのかは解りませんが、
不快に思ってしまったのであれば、
申し訳ありませんでした。

ただ貴方のことはいつも気にかけて、
頻回に私の所に相談に来ますので、
見放したり、面倒くさいという
適当感や陰性感情は無いと思います。


もし心理士変更を希望されるのであれば、
遠慮せず彼女に申し出てください。
希望通り対処いたします。


とにかく、焦らず、ゆっくりやりましょう。
又診察の時に教えてください。
 
》記事一覧表示

新着順:9/344 《前のページ | 次のページ》
/344