スレッド一覧

  1. 発達障害、性格(168)
  2. 精神的に正常?性格、人生論など(58)
  3. アダルトチルドレン 依存症(30)
  4. 薬の副作用、依存、離脱(38)
  5. 病名を教えて下さい(32)
  6. 精神福祉制度  病院の検索、対応など(30)
  7. うつ病、適応障害(27)
  8. 強迫観念、こだわり、恐怖症(22)
  9. 境界型人格障害(17)
  10. 過呼吸 身体症状(16)
  11. 統合失調症、躁うつ病(15)
  12. 認知症 末期癌 介護(14)
  13. 知的障害 、IQ 、知能検査(14)
  14. 解離  記憶が抜ける(9)
  15. PTSD 悲嘆反応 トラウマ (9)
  16. 体感幻覚 セネストパチー(7)
  17. 不登校  引きこもり(7)
  18. 月経前気分不快障害(6)
  19. 摂食障害(5)
  20. パニック障害(5)
スレッド一覧(全20)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/379 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

30代以上の発達障害者「俺たちってひょっとして、発達障害を社会に認知させるための”捨て石”の世代なの・・・?」について

 投稿者:匿名希望  投稿日:2020年11月 9日(月)09時04分22秒 203-165-105-124.rev.home.ne.jp
  通報
  http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/57362362.html
ADHDとASDの両方の特性を持っている貴院の患者です。発達障害の各種情報を時たま探していて添付サイトの内容に目が止まりました。
サイト内容はお時間ある時にご確認いただくとして、スレッドの題名に非常に頷きました。

私の考えを述べますと、定型=ノーマルの人々は早くて中学生、平均して大学で友情や恋愛を育み、新社会人で苦しみはもちろんあるけど、結婚や子作りなど人生設計を真剣に始め、30代には小学生くらいの子供がいて、休日には家族サービスをしていると勝手に想定しています。

私の人生というと典型的な自閉的常同的思考で友人や恋人を作る絶好のチャンスの大学生も新社会人も棒に降ってきました。30代に入り、やっとマンガ・アニメなどから現実世界の刺激や触れ合いを求めて、各種オフ会や社会人サークルに参加して温泉旅行など、遅れた青春を取り戻そうとしています。

ですが、温泉場などには同い年で小学生や早くて中学生の子供を連れている人達が私には目に着きます。

そんな羨ましさを抱きながら、オフ会メンバーでボードゲームや飲み会を泊まる宿でして、その場では楽しいのは楽しいです。
ですが、心の中では寒さや寂しさや焦りを感じていて、酔っているけど酔っていないという感じで夜を過ごしています。
いつも家に帰ると失われた、俗にいう『青春コンプレックス』を感じて「あぁ~楽しかった」ではなく「もしかしたら子供を抱いて風呂とか浴びていたんだろうかなぁ…」と寂しいため息をつきます。

そして題名の内容の様に、令和2年の30代以降の発達障害者は令和世代の為のサンプルや実験台や試金石なのかもなぁ~と思うと暗たんとは言い過ぎですが、何とも言えない気分になります。

◎『もし、自分が早くから発達の特性や個性やクセを知る機会があったり、療育や人生をうまく乗り越えるライフハックやテクニックを中学生とか高校生の時に社会支援受けて学べていたら、自分も自信を持てたり家庭を持てたり友人を持てたりして、楽しい人生を過ごせていたんだろうか……』と思う様になり、この文章を涙を流しながら書いています。

先生への質問のまとめですが
①令和2年時点で30歳以上の発達障害者たちは試行錯誤のサンプルや社会実験体なのかなぁ~という考えをどう思われますか?

②30歳過ぎの発達障害者が家庭を築くというか異性や定型発達者と触れ合う時において、発達障害の苦しさや劣等感や虚しさをどう処理すればよろしいでしょうか?

お返事のほどよろしくお願い申し上げます。
 
    (Dr) こんにちは、いつも受診ありがとうございます。
オフ会でお泊り飲み会やボードゲームなんて楽しそうですね。
そこに青春コンプレックスはいらない思いますが・・・



もっと早くに発達障害のことを、知りたかったと訴えてくる
患者さんは非常に多いです。
中には今までの私の時間を返して下さい、
どうして誰も解らなかったんですか?
と憤慨する人もおり、
そういう時には私もどう答えて良いのか解りません。


HPにも書きましたが 発達障害が障害としてWHOに
認められたのは1992年 日本に入ってきたのは
その5年後くらいですので、まだまだ歴史は浅いのだと思います。

ただ発達障害に限らず、全ての不治の病、原因不明の疾患などは、
患者さんがいて、犠牲になり、研究が進み、後々の医学の進歩に繋がり、
将来私たちの子供たちが困らないような社会の礎になります。
犠牲になったのは、生まれた時代が悪かった。
運が悪かったと考えるしかありません。

それを「捨て石」という表現も間違っていないかもしれませんが、
私は先駆者、開拓者という風に考えて欲しいです。

最近ではテレビ、ラジオ インターネットなどでも
非常に多くの人が、発達障害をカミングアウトし、
話題として取り上げています。

それを見て自分にも当てはまると私の所に来て、
今までの生き辛かった謎が解けたという患者さんも多いですよ。

先駆者達が、発達障害をカミングアウトして、配信することで、
自分と同じように苦しむ人が減っている。
それって世の中を救っていることになりませんか?
自分たちの存在をそう考えてみてはどうでしょう??



30歳代で子供が居るのが幸せ、
普通の恋愛結婚が幸せと感じるかどうかは、
人それぞれです。

というか、私の外来患者さんの多くは、恋愛や結婚、
育児 家庭には不向きであり、苦痛を訴えている人の方が多いですよ。
貴方もデートの時や、誰かと共同生活するのは辛くないですか?

何度も言っておりますが、発達障害の人は、生まれつき脳の構造が違います。

世の中で、定型発達の人たちが、普通の幸せと呼んでいるものには、
あまり固執せずに、自分を当てはめず、
人生は自己満足の追求で良いと思います。
自己満足が幸せの正体です。

同じ価値観の人達との時間を大事にして、
無理せずに楽しんでください。

 
》記事一覧表示

新着順:6/379 《前のページ | 次のページ》
/379