スレッド一覧

  1. 発達障害、性格(168)
  2. 精神的に正常?性格、人生論など(58)
  3. アダルトチルドレン 依存症(30)
  4. 薬の副作用、依存、離脱(38)
  5. 病名を教えて下さい(32)
  6. 精神福祉制度  病院の検索、対応など(30)
  7. うつ病、適応障害(27)
  8. 強迫観念、こだわり、恐怖症(22)
  9. 境界型人格障害(17)
  10. 過呼吸 身体症状(16)
  11. 知的障害 、IQ 、知能検査(15)
  12. 統合失調症、躁うつ病(15)
  13. 認知症 末期癌 介護(14)
  14. 解離  記憶が抜ける(9)
  15. PTSD 悲嘆反応 トラウマ (9)
  16. 体感幻覚 セネストパチー(7)
  17. 不登校  引きこもり(7)
  18. 月経前気分不快障害(6)
  19. 摂食障害(5)
  20. パニック障害(5)
スレッド一覧(全20)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:10/396 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

親(というか家庭)の情緒と学力(というか能力・脳力)との相関関係について

 投稿者:匿名希望  投稿日:2021年 1月23日(土)06時43分19秒 203-165-105-124.rev.home.ne.jp
  通報
  ツイッターで偶然気になるトピックを見つけました。
慨すると、難関大学生の家庭は平均して平穏だから、子供も平穏で勉学に部活にと励めてたという感じです。

私の学生時代もトップ成績や目から鼻に抜ける学生や同級生は、精神も行動も落ち着いていて、大人びているより大人でした。私は…生き地獄な学生時代でしたね…


相談の論点ですが「訓練による能力=学歴と本人の生まれつきの能力=地頭と家庭状況との関係」について、先生の見解をよろしければお伺いしたいです。


なぜか?それは「ケーキの切れない非行少年達」のコミカライズを最近読みました。

私なりの見解や解釈は「雨降って土砂崩れ、泣きっ面に蜂、器質性障害を持った子供に毒親」という感じです。専門家が見たら怒るかもしれない表現ですが、私としては生まれつき頭が薄いというかクセがある子供に、運悪く毒親や酷い親が居たから養育も支援も受けられず、犯罪を犯さざるを得なかったと思いました。

「ITと呼ばれた子供」のコミカライズも読んだことありますが、吐き気が出るとは思わない程の酷すぎる環境で、著作者というか関係者は凄えな!と思わざるを得ない凄い内容でした。

それが気になって犯罪と家庭環境もネットレベルで調べたら「(アメリカですが)凶悪犯はその親の方がもっと凶悪」と学びました。有名な凶悪犯の生い立ちを調べると「(犯罪は肯定したく無いですが)そりゃそうなるわ…」と呆れる程の酷い親や環境だと、ネットレベルの情報でも思いました。


改めて相談の論点の「能力・脳力と生活環境との相関関係」についてですが、「ある程度の年齢を重ねたら能力・脳力は打ち止めなのか?」「発達障害者35歳限界説というネットの噂話は本当か?」「脳は可塑性があるのか?歳を取っても成長するのか?」を専門家としてご意見頂戴したくお願い致します。

https://twitter.com/mamonakumamannu/status/1352068246581592064

 
    (Dr) こんにちは、投稿ありがとございます。
随分と奥が深い 難しい内容ですね。


知能や性格、犯罪などは、生まれつきの遺伝なのか?
後天的な環境なのか?というのは
昔から盛んに研究されおりました。


知能が高い親から、知能が高い子供が生まれる確率を調べたり、
犯罪者の親から生まれた子供の犯罪率を調べたり、
一卵性双生児で養子に出された子供達の学力や犯罪率を比べたり、
血統研究、双子研究、養子研究など色々と文献、発表はあるのですが、

どの研究結果を見ても、結果は同じ、
遺伝も環境も、どちらも関係があるんです。

知能に関しては50-70%
犯罪率に関しては遺伝因も環境因も正常家庭の2倍くらい、
有意差はありますが、非常に中途半端な数字ですので、
高学歴の親の子供は全員知能が高いとか、
犯罪者の子供は皆犯罪を犯すという訳でもありません。

知能やIQというものは現在の社会就労能力を測るもので、
社会適応能力ではありません。時代と供に適応出来る環境は変わります。
IQ高い人は高収入の仕事に
就けるといういう訳でもないんです。

毒親や犯罪者の多くは発達障害ですので、
犯罪者の家庭環境が劣悪というのも当たり前ですし、
仮に遺伝的な要素や環境因があっても、
犯罪を犯してよい理由にはなりません。



私の外来に来る発達障害の患者さんは、子供の頃は勉強しなくても、
勉強が出来ましたと訴える人が非常に多いです。

その中には本を一度読んだら全部覚えてしまう。
数字に物凄く強い、異常な集中力を持つなど、
いわゆるサバン症候群的な能力を持つ方も少なくありません。

そのような能力は訓練して身に着けられるものではなく、
遺伝的、先天的なものでしょう。

ですが、頭が良い分、小学生の時に勉強する習慣がつかず、
高校生になってから成績が急降下する人は非常に多いですよ。




脳細胞というのは小児期までに成長が止まり、
成人になると、考える力が衰えると言われておりましたが、
それが誤りであるということが最近の研究では解ってきました。

確かに増える速度、新たなシナプスを構築する速度は遅くなり、
使っていない脳細胞は減るのですが、
脳を使う、トレーニングを続けることで、
シナプス間のネットワークは強化され、
中年以降、高齢になっても脳の機能を上げることが可能です。
(中には脳細胞が増えていたという報告もあるんです)

ですから能力が打ち止めとか、35歳で限界ということは無く、
年を取っても脳は成長します。

まあ、その為には、日々頭を使うこと、勉強や脳トレ、コグトレなど
しないといけませんが・・・

頭が良くても悪くても、いくら年を取っても
努力に無駄はありません。

諦めずに頑張りたいですね。
 
》記事一覧表示

新着順:10/396 《前のページ | 次のページ》
/396