• [0]
  • 統合失調症、躁うつ病

  • 投稿者:dr
  • 投稿日:2016年10月26日(水)10時40分4秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
カテゴリー別

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [2]
  • (無題)

  • 投稿者:myu
  • 投稿日:2016年11月15日(火)10時42分41秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
記事インフォE 記事本文S
初めまして、躁うつ病と診断され6年になる20代女性(現在は寛解中)です。

調べ物をしていたら偶然貴院のホームページが検索エンジンに引っかかり、隅から隅まで興味深く拝読させていただきました。

中でもコラム「内科医の精神疾患に対する偏見」は躁うつ病当事者である私にとってショッキングながらも共感できる部分の多い内容でした。

特に、
>社会的予後は統合失調症よりも悪い
これはなんとなく想像がつくと同時に改めて重苦しくのしかかってきました。
以前入院中に同じ躁鬱の人達(年齢性別職業さまざま・みんな鬱状態)と話していたのですが、皆さん異口同音に仰っていたことがあります。
「病気に何もかも奪われた、発病前の自分の人生はあんなに充実していたのに」
「再発に怯えるあまり、寛解したからといって何もできない、生きていくのが怖い」

鬱が言わせた言葉だというのを差し引いても、私も未だに同意見でいます。発病前の自分が一番活躍していた時のことをありありと覚えている分落差は本当に大きく、再発も防げるとは限らず、それでも前向きな姿勢を保ち続けるのって本当に難しい。
前述の患者さん達とこれからどう生きていけばいいか考えてみてもアイデアは出てこず、結局みんなで暗くなってしまっただけでした(気分障害の人達って感情が昂ると過剰に深みにはまってしまいますね)。もし竹川先生に何かお考えがあればお聞かせいただけると嬉しいです。これってとっても難しい質問かもしれませんが…

先生の、「自殺は最悪の暴力行為である」というお考えは常に胸に留めておこうと思います。
今まで見聞きしてきた自殺を止める言葉の中では個人的に一番の抑止力を感じました。このホームページに出会えてよかったです。

dr
こんにちは、投稿ありがとうございます。
躁うつ病ですか・・・大変ですね。

躁うつ病の治療をするのにまず大切なのは、
「本当に躁うつ病なのか?」をはっきりさせることです。
診断に一番大事なのは症状よりも経過です。
(症状はうつ病や統合失調症と見分けがつきません)

明らかに躁状態やうつ状態が連日続くこと。 その状態は治療中なら3か月前後、
無治療だと3か月~6か月くらい続き、その後完全に消失するということが大事なんですね。

症状の始まりや終わるの頃には日によって症状が変動することはあっても良いのですが、
それ以外の期間は基本的に連日うつ状態や躁状態が続くということが大事です。

うつ状態でも躁状態でもない期間を間欠期と言いますが、
その時には非常に落ち着いており、発症前の状態に
戻るということが特徴です。

1日単位で躁状態とうつ状態を長期に繰り返している場合は 躁うつ病の可能性は低く、
発達障害や境界性人格障害などの性格障害の可能性が高いです。

きちんと診断がつけられれば治療に入ります。
まず今の医学で躁うつ病の再発を無くす薬はありません。

しかし下に挙げる気分安定剤は 次の再発時の症状を軽くする効果があります。
デパケン、リーマス、テグレトール、リボトリールが 古くから知られておりますが、
最近では ?ラミクタールという抗てんかん薬も非常に効果があり、
セロクエル、ジプレキサ、エビリファイなどの抗精神病薬も併用により効果があると
言われております。

躁うつ病の再発率は1年以内で50%、 2年以内で70%と言われており、
10%の患者は5年以上経ってから 再発することもあります。

ですからうつ病期間や躁病期間が終わっても、
この気分安定剤は長期に内服しなければいけません。

そして再発時の症状が以前の波より軽ければ、 その薬物治療は成功しており、
その後も繰り返すたびに症状は軽減していき、
最終的にはほとんど気にならなくなります。
(そこまで行き着くのに5年くらいはかかりますが・・・)

しかし、再発した時に薬を止めてしまっていると、
前回より症状は悪化すると言われております。
さらに躁状態の時には非常に調子が良いと感じますので、
勝手に薬を止めてしまうことが多いんですね。

周りの人も躁状態とうつ状態のギャップについていけなくなり、
孤立するこになりますので、社会的な予後は悪いんです。


以上のようにきちんと診断、治療すれば良くなる病気ですので、
何も悲観することはありませんよ。

再発を繰り返すのは薬では止められませんし、
薬を飲まなくても良い、寛解期までは時間がかかりますが、
きちんと診断、治療されていれば、 必ず良くなる病気です。

ただ躁うつ病もうつ病と同様に、適当に診断治療されていることが多い病気です。
よろしければ是非相談にいらして下さい。

  • [1]
  • (無題)

  • 投稿者:夏海
  • 投稿日:2016年10月26日(水)10時40分53秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
私はそううつ病です。先生は躁鬱病については詳しい診断はできるのでしょうか?
今のところで 疑問にこたえてくれないことが
よくあって 心配になってきました;;

先生はどうですか?質問にはこたえてくれますか?

dr
投稿ありがとうございます。
躁うつ病というのは、 非常に診断が難しい病気です。

特に躁状態というのは本人に自覚が無く、 ?酷くなると幻覚、妄想なども認め、
重度の統合失調症と区別が ?付かなくなることもあるんです。

さらに、うつ状態というのは、 うつ病以外にも適応障害、 性格障害など様々な病気で、
認める症状ですから、 それらも除外しなければいけないんですね。
(ちなみにうつ病と躁うつ病は全く別の病気で、 原因も治療も全然違います。)

躁うつ病の診断で重要なのは経過です。
うつの期間と躁の期間を、エピソード的に認めることが重要です。

期間は人によって様々で、 通常1~6ヶ月くらい続きます。
そして一番大事なのは、病期が終われば、 必ず元に戻る期間があることです。

これは治療をして約3ヶ月、しなくても、 半年から一年くらいで、
自然に元に戻るんですよ。 その正常な期間が存在することが、
躁うつ病の診断の時には一番重要です。

症状が何年も持続的に続いたり、 一日単位で躁とうつを繰り返すことはないんですね。
短い時間で繰り返す場合は、 境界型人格障害や知的障害、発達障害 による
気分変動が多いですよ。

よろしければ是非相談にいらしてください。