<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [6]
  • 躁鬱病の主人(43)

  • 投稿者:COCO
  • 投稿日:2017年 1月24日(火)10時48分14秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
先生の「印象に残る患者さん・2」を読ませていただきました。ご家族の気持ち痛いくらいわかります。14,5年前に主人の躁状が初めて現れ、現在5回目の躁状態の主人をかかえています。入院を勧められましたが、薬と自宅療養で1ヶ月・・たちました。私はもう疲れました どれが本当の主人なのかすらわかりません。離婚を考えています。自宅は秋田なのですが 仕事の拠点が千葉で、今 本人は市川市に住んでいます 今後は千葉のほうでもドクターを見つけたいと思いまして調べています もしかしたらお世話になることがあるかもしれません

dr
こんにちは、HP読んでいただきありがとうございます。
旦那さんが躁うつ病なんですね。
非常に大変だと思います。
現在はきちんと治療されているんですか?

ご存知だとは思いますが、
躁うつ病の場合、生涯平均11回くらい病状を繰り返す
と言われており、繰り返せば繰り返すほど、
再燃率は高くなるという非常にやっかいな病気です。

治療としては気分安定剤という種類の薬を使用するのですが、
日本ではデパケン、テグレトール、リーマス、
リボトリールと4種類あります。
これらを3剤以上使用し、効果があれば、
再発するたびにどんどん軽くなっていくはずです。

これらの薬で効果ない場合、リスパダール、ジプレキサ、
エビリファイなどの非定型抗精神病薬を
併用することが多いです。
(日本では保険適応がありませんが、
 海外のデータだと非常に効果あるみたいです。)

ちなみに抗うつ剤は再発の回転を早くするので
長期的に使用しないほうが良いです。

躁うつ病になる方は、統合失調症と同じように
遺伝子レベルの問題と言われております。
性格的には非常に真面目で几帳面な方が多く、
社会的に周囲から尊敬されている人格者が多いですよ。

家族の対応としては、とにかく薬を内服させ、
病状が時間と共に終わるのをじっと待つしかありません。
あとは本人と共に病気だという認識を
強く持ってもらうことですね。

しかしながら躁状態となると、浪費や長電話、過活動
性的逸脱行為など、社会的な問題行動も認め、
本当に家族は疲労困憊します。
さらに病状が何度も再発することによって、
仕事も続けられなくなり、家族も付き合いきれないと
最終的に社会的に孤立する方が多いです。

COCOさんもかなり疲れて、
精神的にも追い込まれているのは解ります。
でも旦那さんは明らかな脳の病気ですので、
彼が悪い訳ではありません。
(それも頭では解っているのだと思いますが・・・)
COCOさんの本当の旦那さんの姿は
病気になる前の姿ですよ。

もう一度、きちんとした治療がされているのか
確認していただき、一人で抱え込もうとは思わないで、
色々な人に相談してみてはどうでしょう?
きちんと治療すれば必ず治る病気ですよ。

よろしければ是非相談にいらしてください。