<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [12]
  • 気持ち悪い

  • 投稿者:佐藤 淳
  • 投稿日:2017年 1月17日(火)10時16分58秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
先日整形外科にて前十字靭帯断裂で手術をし一週間入院した後退院しました。入院中にも気持ちが悪い事がありましたが、その時は看護婦さんや医者からも痛み止めの影響で気持ち悪くなることがあるから気にしなくてもいいとの事でした。ただその後も気持ち悪さが続きました。一番気持ち悪さがピークに達した時に気持ち悪さを抑える座薬を処方して頂きました。そうしたら便意をもよおしてしまい全部出てしまいました。しかしその後驚いたことに気持ち悪さがなくなったのです。そのまま退院まで普通に過ごし退院となりました。12/7に退院したのですが家に帰ってきてから嬉しかったこともあり夕ご飯をお腹いっぱい食べてしまいました。するとお腹というか胸のあたりがむかむかしてきました。吐こうとするもでなかったため指をむりやり入れて吐きました。吐いた後はスッキリし良く眠れました。しかし次の日も気持ち悪くなり夜になって内科に行き吐き気を抑える錠剤と胃薬を頂き戻ってきました。ただ今も吐き気が少しありご飯を食べるのも少し怖いくらいです。何かのストレスでしょうか?入院によるストレスか退院したことによる不安からのストレスなのか?いかがなものでしょうか??

dr
こんにちは、返事遅れてすいません。

昨日電話でお話した通り、
佐藤さんの「また吐くのではないか?」
という不安感は、強迫症状ではないかと思います。
恐らく、自分では、「吐くことはない」
「吐いても大丈夫」と解っていても、
「吐いたらどうしよう」という考え方が、
打ち消せないのではないでしょうか?

強迫症状をきたす病気としては、強迫性障害
(強迫神経症ともいいます)が考えられます。
典型的な症状は、頻回の手洗いや戸締りの確認
不潔恐怖などの症状を認めることが多いですが、
「周囲の人に見られているのではないか」
「自分の体臭が伝わるのではないか」
「自分の顔が変形しているのではないか」
など聞きようによっては妄想にとれるような
内容もあるんです。

脳内の神経伝達物質のバランスが崩れて起こる
病気であり、周囲の環境や、ストレスは全く
関係ありません。(性格や遺伝的要素が強いです)

佐藤さんの場合も、入院のストレスから来ていると
ありますが、退院しても症状が持続するというのは、
ストレスや環境の問題ではないと思います。
恐らくその不安や恐怖は今後も持続するのでは
ないでしょうか?また、強迫性障害の場合
50%にうつ病の合併もありますよ。

治療としてはSSRIという種類の抗うつ剤が、
ほとんどの方に効果があります。
しかしながら効果が出るまで8週間くらいかかるのと、
1~2割くらいは症状が残ってしまうことが多いです。

内服するのに抵抗があるとありますが、
薬自体は副作用も少なく、
一生飲まなければいけないものでも
ありませんし、仮に依存になっても徐々に
減量していけば必ず止めることが出来ますよ。

よろしければ是非相談にいらしてください。