投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [3]
  • 口の幻覚症状について

  • 投稿者:あさがお
  • 投稿日:2016年12月14日(水)10時46分29秒
  • ntchba008092.chba.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp
 
こんにちは、投稿します。
実は主人が昨年12月から口の中の幻覚に悩まされています。
口の中にむしがはっているような感じとか、ゼリー状のものが固まったり溶けたり、実際ないものが歯の後ろ側にありとびだしてくるのでそれをつぶす行為として、はでつぶすということをする(実際は見えないものですが・・・)とはぎしりをします。
日中、ギシギシたえず音を出しています。
体内幻覚というのでしょうか?
現在医者を変えて新しい先生に薬を処方していただいてますが、どうも軽く考えられているようです。
歯のブリッジが取れてしまってそれができるまで症状がひどくなり最近では食事も満足にできません。

妻としてどのように接すればいいのか悩んでいます。

dr
こんにちは、投稿ありがとうございます。
メールを拝見する限りでは体感幻覚で良いかもしれません。

非常に言語では表現しにくい感覚と、
本人にとっては非常に辛いのが特徴で、
口腔内の訴えをする方は多いです。
あさがおさんの旦那さんも、
それが原因で食事が取れないというのは、
ものすごく辛いのでしょうね。

体感幻覚(セネストパチーともいいます)というのは、
それだけで体感幻覚症という病気もありますし、
統合失調症やうつ病、認知症などの症状として
認めることもあります。
正直、稀な病態なので知らない先生も多いと思います。

うつ病や、統合失調症から来ている場合は、
そちらが良くなれば症状改善します。
体感幻覚症や認知症から来ている場合は、
SSRIやSNRIという抗うつ剤や
抗てんかん薬が奏功することがありますよ。

周囲の人の対応としては、
本人しか解らない本人の辛さを理解することと、
本人に脳内の感覚神経が異常をきたしている事を
理解してもらい、薬が効いてくるまで、
じっと待つしかないんですね。

口腔内のセネストパチーの患者さんは、
その症状の辛さから、歯科で歯を抜いたり、
セラミックに変えてしまう方が多いです。
それは全く意味が無く、経済的にも負担がかかるし、
逆に症状が悪化することが多いので、
止めた方がいいですよ。

よろしければ是非相談に来てください。